債務整理という選択肢

債務整理なる四文字が私達に届ける印象は、やはり深刻かく重苦しく、自己破産など人生に1つのピリオドが打たれてしまうイメージを連想される方もおられる事でしょう。対して借金問題とは無縁の人生を歩んでおられる方々からすれば、単に債務すなわち借金にカタをつける、借入を起こした側にとって当然の責務だと解釈されるかも知れませんが、これは正しい語彙の解釈ではありません。

債務整理すなわち債務を整理するイコール、現在背負っている債務を債権者側の理解の上、返済方法を見直す、あるいは免責すなわち免除してもらう作業です。当然債務整理に応じる債権者側は、元来回収可能な貸付金額と法的に認められた利息の回収が一部もしくは全て叶わなくなる訳ですから、二つ返事で応じる訳には行かずして当然です。何より債務整理が視野に入った段階で、本来の返済が滞っており、債権者の債務者に対する信用度は下落を続けている状況です。ここまでの説明からも、債務整理は決して簡単に実践出来ぬ、債務者に寄り添った借金問題の解決法である事がご理解いただけるかと思います。

ここでは借金に苦しむ債務者すなわち当事者の独力では極めて難しい債務整理を通じ、借金問題の解決から自身が経済的に立ち直る上で、果たして具体的にどのように立ちまわれば良いのか、求められる心構えや自身に生じるメリットとデメリットは何なのかなど、債務整理着手に際して知っておくべき関連基礎知識をご紹介申し上げます。

コメントは停止中です。