債務整理を理解する

債務整理とは債務者すなわち返済に窮した借り入れを起こした側が、債権者すなわち貸し付けた側に対し、借入金の完済を為し得るべく、借入時に交わした返済内容を見直し、これまでとは異なる返済方法での返済継続を債権者側に譲歩承認いただく、もしくは自己破産を通じ、債務からの免除と引き換えに社会的制限などのペナルティを負う作業を指しています。こうした一連の作業に際してはやはり専門知識と経験を有する弁護士の存在が欠かせず、一般的には法律事務所あるいは弁護士事務所に相談から、所定の費用を負担して対処をお願いする流れとなります。

債務整理には「任意整理」「民事再生」「自己破産」の3つがあり、任意整理は今後の金利を免除から、残りの元金を最長5年を目途に分割返済する事でガン金完済を目指す方法です。民事再生は所有住宅など高額不動産を手元に残し借金完済を目指す方法で、裁判所の認可が必要です。自己破産は自身の財産を全て失い、その事実が官報に掲載されるなどのデメリットと引き換えに、借金の返済の全額免除が叶う解決法です。注意すべき点として、各々に関し債務者側には何らかのペナルティすなわちデメリットが避けられぬ事実を正しく理解の上、自身の未来を見据えた冷静な最終選択が求められます。

コメントは停止中です。