未分類」カテゴリーアーカイブ

先ずは弁護士へ相談を

相談債務整理は借入先である金融機関あるいは貸主である第三者の理解からの金銭的条件面での譲歩と同意無くしては実践出来ません。既に返済に滞り、相手先の心象を害してしまった状況下、債務者自らが直接懇願したとしても、いわゆる火に油を注ぐ展開が否めずして当然であり、中立な第三者の立場として、債権者側の当然の権利の確保に基づく交渉に長けた弁護士の存在が欠かせません。当然弁護士に対処を依頼する以上は相応の費用負担が必要であり、昔から囁かれる「自己破産するにもお金が必要」「お金が無いから自己破産すら出来ない」はこの現実を物語っています。

ですが当然債務整理の必要に迫られた債務者の経済状況を十分承知しているのも弁護士です。費用面に関しては最大限依頼者の立場を考慮の上での回収方法を考えてくれます。安直に「手元にお金が無いから弁護士に相談出来ない」との結論に走らず、まずは速やかに相談される事を声を大にしてお薦めします。弁護士が無料相談サービスを積極的に提供している事務所が全国各地に点在していますので、臆せず速やかなファーストコンタクトから、勇気を持って解決への第一歩を踏み出してください。債務整理は決して社会的に恥ずかしい作業では無く、法的に裁かれる事も無い、ご自身が人生を仕切り直すための作業だと捉えてください。

メリットとデメリット

メリットデメリット債務整理のメリットとデメリットは、任意整理、民事再生、自己破産各々によって詳細こそ違えど、根本的な部分では共通しています。その程度は各々異なりますが、返済すべき金額の利息の免除、元金の軽減、更には全額免除は債務者にとっては紛れもないメリットです。また自己破産以外は自身の財産が剥奪される事も無く、表面上は普段通りの日常生活を過ごす事が可能であり、第三者に債務整理の事実を悟られずに済む点もメリットと捉えられるでしょう。

対してデメリットとしては、金銭面の社会的信用が一旦ゼロとなり、クレジットカードの使用が不可、ローンが組めないなど、現金決済に限定される生活を強いられる期間が生じる点が見逃せません。例えばスマホの機種変更に際し、月々の使用料に加算して本体代金の支払いが不可となるなど、いわゆるブラックリストの人物である現実を知らされる場面との遭遇は避けられません。

また自己破産に際しては一定金額以上の財産の差し押さえ、官報への記載、転居や旅行などの制限など、いわゆる社会的制裁の範疇に属するペナルティが避けられません。但し選挙権など国民の権利は全て守られ、借金問題に一区切りから、自己破産後に自身で稼いだお金は全て自身の収入として生活の立て直しが図れます。

債務整理を理解する

お金に困った債務整理とは債務者すなわち返済に窮した借り入れを起こした側が、債権者すなわち貸し付けた側に対し、借入金の完済を為し得るべく、借入時に交わした返済内容を見直し、これまでとは異なる返済方法での返済継続を債権者側に譲歩承認いただく、もしくは自己破産を通じ、債務からの免除と引き換えに社会的制限などのペナルティを負う作業を指しています。こうした一連の作業に際してはやはり専門知識と経験を有する弁護士の存在が欠かせず、一般的には法律事務所あるいは弁護士事務所に相談から、所定の費用を負担して対処をお願いする流れとなります。

債務整理には「任意整理」「民事再生」「自己破産」の3つがあり、任意整理は今後の金利を免除から、残りの元金を最長5年を目途に分割返済する事でガン金完済を目指す方法です。民事再生は所有住宅など高額不動産を手元に残し借金完済を目指す方法で、裁判所の認可が必要です。自己破産は自身の財産を全て失い、その事実が官報に掲載されるなどのデメリットと引き換えに、借金の返済の全額免除が叶う解決法です。注意すべき点として、各々に関し債務者側には何らかのペナルティすなわちデメリットが避けられぬ事実を正しく理解の上、自身の未来を見据えた冷静な最終選択が求められます。

債務整理という選択肢

通帳債務整理なる四文字が私達に届ける印象は、やはり深刻かく重苦しく、自己破産など人生に1つのピリオドが打たれてしまうイメージを連想される方もおられる事でしょう。対して借金問題とは無縁の人生を歩んでおられる方々からすれば、単に債務すなわち借金にカタをつける、借入を起こした側にとって当然の責務だと解釈されるかも知れませんが、これは正しい語彙の解釈ではありません。

債務整理すなわち債務を整理するイコール、現在背負っている債務を債権者側の理解の上、返済方法を見直す、あるいは免責すなわち免除してもらう作業です。当然債務整理に応じる債権者側は、元来回収可能な貸付金額と法的に認められた利息の回収が一部もしくは全て叶わなくなる訳ですから、二つ返事で応じる訳には行かずして当然です。何より債務整理が視野に入った段階で、本来の返済が滞っており、債権者の債務者に対する信用度は下落を続けている状況です。ここまでの説明からも、債務整理は決して簡単に実践出来ぬ、債務者に寄り添った借金問題の解決法である事がご理解いただけるかと思います。

ここでは借金に苦しむ債務者すなわち当事者の独力では極めて難しい債務整理を通じ、借金問題の解決から自身が経済的に立ち直る上で、果たして具体的にどのように立ちまわれば良いのか、求められる心構えや自身に生じるメリットとデメリットは何なのかなど、債務整理着手に際して知っておくべき関連基礎知識をご紹介申し上げます。