先ずは弁護士へ相談を

相談債務整理は借入先である金融機関あるいは貸主である第三者の理解からの金銭的条件面での譲歩と同意無くしては実践出来ません。既に返済に滞り、相手先の心象を害してしまった状況下、債務者自らが直接懇願したとしても、いわゆる火に油を注ぐ展開が否めずして当然であり、中立な第三者の立場として、債権者側の当然の権利の確保に基づく交渉に長けた弁護士の存在が欠かせません。当然弁護士に対処を依頼する以上は相応の費用負担が必要であり、昔から囁かれる「自己破産するにもお金が必要」「お金が無いから自己破産すら出来ない」はこの現実を物語っています。

ですが当然債務整理の必要に迫られた債務者の経済状況を十分承知しているのも弁護士です。費用面に関しては最大限依頼者の立場を考慮の上での回収方法を考えてくれます。安直に「手元にお金が無いから弁護士に相談出来ない」との結論に走らず、まずは速やかに相談される事を声を大にしてお薦めします。弁護士が無料相談サービスを積極的に提供している事務所が全国各地に点在していますので、臆せず速やかなファーストコンタクトから、勇気を持って解決への第一歩を踏み出してください。債務整理は決して社会的に恥ずかしい作業では無く、法的に裁かれる事も無い、ご自身が人生を仕切り直すための作業だと捉えてください。

コメントは停止中です。